ニュース

横浜国立大学大学院気象学研究室との取り組み

未就学児童向けお天気サイト「SORAKIDSα」を共同開発

3〜6歳児を対象とした防災・減災教育に協力

モバイル/インターネット >

 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、横浜国立大学 大学院気象学研究室(筆保弘徳准教授)に在籍する気象予報士・保育士である奥村政佳氏の「未就学児童に対する気象・防災教育の取り組み」に関する研究において、奥村氏と共同で未就学児童向けのお天気サイト「SORAKIDSα」を開発しました。
 本ウェブサイトを通じて、未就学児童でも、天気予報を理解することによって、空に関心を持ち、楽しんで空を見上げるようになることを目指しています。また、子どもの頃から日常的に天気予報や空と接することで、大雨や台風、落雷、大雪などいざという時に自らの身を守れるようになるなど、3〜6歳児を対象とした防災・減災教育につなげることを目的としています。
◆未就学児童向けお天気サイト「SORAKIDSα」
https://weathernews.jp/s/child/

 

◆文字が読めなくても天気がわかる未就学児童向けお天気サイト「SORAKIDSα」を共同開発

 今回開発した未就学児童向けお天気サイト「SORAKIDSα」は、3〜6歳児を対象とし、GPS機能によりアクセスした場所のピンポイント天気を表示しています。文字が読めない未就学児童でも、視覚的に天気がわかるよう、表示には文字を使用せず、イラストやアニメーションで表現しています。また、防災上、危険度が高い状態がひと目でわかるよう、注意報や警報はアイコンで表示し、背景色で注意報・警報・特別警報を出し分けています。
 本ウェブサイトを通じて、子どもの頃から日常的に天気予報や空と接することで、大雨や台風、落雷、大雪などいざという時に自らの身を守れるようになるなど、未就学児童を対象とした防災・減災教育につなげることを目的としています。すでに奥村氏を通じて、一部の保育園で試験的に導入を始めており、今後も研究のため同研究室の協力により、多くの児童の利用が予定されています。  なお、「SORAKIDSα」は、下記URLからアクセスでき、未就学児童に限らずどなたでもご利用いただけます。(https://weathernews.jp/s/child/

 
◆奥村政佳
気象予報士、保育士、アーティストとして幅広い分野で活躍中。現在は大学院生として横浜国立大学大学院に在籍し未就学児童への防災・減災教育について研究中。

 

本ニュースをプリントアウトしてご覧になりたい方はこちら