ニュース

スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」にて中秋の名月の天気見解を発表

中秋の名月、全国的に晴れて絶好のお月見日和!

~満月間近の見応えある月に期待、お月見の際は羽織る物の用意を~

モバイル/インターネット >

 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、日本の秋の風物詩、104()の中秋の名月の天気見解を発表しました。4()夜は、全国的に晴れて絶好のお月見日和です。雲が広がりやすい東海も、雲の隙間からお月見のチャンスが十分にあります。ただ、夜は北日本で冷え込み、西・東日本も肌寒くなる予想ですので、外出の際は羽織る物をご用意ください。中秋の名月の詳細情報は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『星空Ch.』や、ウェザーニュースウェブサイトからご覧いただけます。

中秋の名月の詳細情報はこちら
スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」をダウンロード後「星空Ch.」からアクセス
または
ウェザーニュースウェブサイト「中秋の名月、当日の天気は?」
https://weathernews.jp/s/topics/201709/260095/

 

当日の天気は?全国的に晴れて絶好のお月見のチャンス!

※クリックすると拡大されます

 

 4()夜は、移動性高気圧に覆われ、西日本や東日本はよく晴れて絶好のお月見日和となります。北日本も太平洋側は晴れて大いに期待できそうです。静岡周辺や沖縄は、湿った風の影響で雲が広がりやすいものの、雲の隙間からチャンスは十分にあります。寒気の影響で雲が多い北日本の日本海側も、遅い時間ほどお月見のチャンスがあります。

 ただ、夜は北日本で冷え込み、西・東日本でも肌寒くなる予想ですので、羽織る物を用意するなど寒さ対策をしてお出かけください。

本予報は27日時点のものです。103()にスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」やスマホ向けウェブサイト「ウェザーニュース」で最新のマップを発表する予定です。

 

満月間近、見応えのある月を楽しめそう!

 今年は104日が中秋の名月、満月はその翌々日の106日です。中秋の名月とは、旧暦の815日の夜の月のことをいい、新月から15日目に当たります。一方、月の公転軌道は楕円形をしており、新月から満月までにかかる日数は13.9日から15.6日と大きく変化するため、中秋の名月と満月の日付がずれることがしばしば起こります。ただ、満月間近の月はとても明るく輝きます。毎年、この時期は秋雨前線や台風の影響で、中秋の名月を楽しめないことが多いですが、今年は天気にも恵まれ、見応えのある月を楽しむことができそうです。

 

本ニュースをプリントアウトしてご覧になりたい方はこちら