ニュース

スキーヤー・スノーボーダー必見!ウェザーニューズ、日本初の“新雪期待情報”をスタート

【スキー&スノボCh.】10日先までのゲレンデ新雪情報をアプリ「ウェザーニュースタッチ」で配信開始

〜高解像度・高頻度の気象情報を活用し、絶好の条件でウィンタースポーツを楽しもう〜

モバイル/インターネット >

 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、本格的なスノーシーズンに向けて、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」で「スキー&スノボCh.」をオープンし、日本初となるゲレンデ向け“新雪期待情報”の提供を開始しました。北海道では今月中旬の寒気で雪がまとまり、サッポロテイネなど一部のスキー場は既に営業を開始しています。この先3月にかけての予想降雪量は、広範囲で平年並~やや多い見通しとなっており、ゲレンデでは豊富な雪が期待できそうです。今後、積雪量と並んで重要となるのが、雪質の良さと天気です。2016年にスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」を通じて実施した調査では、ゲレンデでウィンタースポーツを楽しむ際、雪質の良さや天気を重視する方が7割以上を占める結果となりました。その声をもとに、今回ウェザーニューズが提供を開始する“新雪期待情報”では、全国450か所のゲレンデで予想される10日先までの雪質の良さ(3段階)を1日ごとに確認することができます。また、「スキー&スノボCh.」では、解像度1kmメッシュ/5分更新と高解像度・高頻度の超細密天気予報を合わせて確認できるほか、OPEN・滑走状況などの条件から、一足先に遊べるゲレンデを検索することも可能です。今シーズンのスキー・スノボ計画は天気を味方につけて、絶好のコンディションの雪山でウィンタースポーツをお楽しみください。

“新雪期待情報”のご利用はこちら
スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」をダウンロード後「スキー&スノボCh.」からアクセス
または
ウェザーニュースウェブサイト「スキー&スノボCh.」からアクセス
https://weathernews.jp/s/ski/

10日先までの雪質の良さがひと目で分かる!全国450か所のゲレンデ情報

※「スキー&スノボCh.」内の“新雪期待情報”

 スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「スキー&スノボCh.」では、全国450か所のゲレンデ詳細情報の中で、現在の積雪量や滑走状況、詳しい天気を確認することができます。ただ、一般的なこれらの情報だけでは、雪質を前もって把握することができないため、“新雪ではあるが水分が多く滑りにくい”という結果になることがあります。
 ウェザーニューズが今回新たに提供する、日本初のゲレンデ向け“新雪期待情報”では、各ゲレンデで予想される10日先までの雪質の良さを1日ごとに確認することができます。雪質の良さは、非圧雪の雪を楽しめる“新雪”、サラサラとした粉状の雪(パウダースノー)を楽しめる“パウダー”、どっさり積もったパウダースノーを楽しめる“極上”の3段階で表します。ゲレンデのコンディションが事前に把握できるので、遊びに行くタイミング・場所に悩んだ場合は、条件の良い日・場所を比較して計画するのもオススメです。
 北海道では今月中旬の寒気で雪がまとまり、サッポロテイネなど一部のスキー場は既に営業を開始しています。この先3月にかけての予想降雪量は、広範囲で平年並~やや多い予想となるため、ゲレンデでは豊富な雪、良質な新雪でスキーやスノーボードを楽しめそうです。ウェザーニューズでは今後も、多くの方が雪山を思う存分満喫できるよう、役立つ情報を提供していきます。

参考:スキー・スノボ計画の決め手!7割以上が雪質の良さと天気を重視

※クリックすると拡大されます

 ウェザーニューズでは、2016年にスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」を通じて、ゲレンデでウィンタースポーツを楽しむために、何が決め手となるのかを調査しました。「ゲレンデで1番テンションが上がることは?」と質問し、 “パウダースノー”“天気がいい”“仲間や家族とワイワイ”“その他”から回答していただきました。全国8,666人から寄せられた回答を集計したところ、“天気が良い”と答えた方が42%、“パウダースノー”が33%、“仲間や家族とワイワイ”が19%、“その他”が6%となり、雪質の良さや天気を重視する方が7割以上を占める結果となりました。
 今シーズンは「スキー&スノボCh.」の“新雪期待情報”を活用し、雪質や天気が絶好の条件となるタイミングを狙って、ウィンタースポーツをお楽しみください。

本ニュースをプリントアウトしてご覧になりたい方はこちら