ニュース

ウェザーニューズ、31日20時15分〜皆既月食を各種動画サイトで無料配信

3年ぶりの皆既月食!世界屈指の星空ハワイから完全生中継

〜月食の開始をお知らせするサービス、アプリ「ウェザーニュースタッチ」で登録受付中〜

モバイル/インターネット >

 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、31日夜の皆既月食をお楽しみいただくため、月食の開始をプッシュ通知でお知らせするサービスの登録を開始しました。スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「ソラミッション」内で、“速報を受け取る”をONにした方には、部分食と皆既食の開始をプッシュ通知でお知らせします。今回の皆既月食は、1か月の中で2回満月を迎えるブルームーンでもあります。貴重な機会ですので、見逃さないようぜひ事前にご登録ください。
 ウェザーニューズでは、皆既月食の様子を31日20時15分~23時15分(日本時間)に特別番組として、世界屈指の星空が広がるハワイ(ハワイ島)ほか国内1か所から生中継を行います。気になる31日夜は、比較的雲が薄い関東周辺などで観測チャンスがありますが、日本では広範囲で雲が広がりやすい予想です。一方、ハワイ(ハワイ島)は晴れて観測には好条件となる見込みです。また、国立天文台によると、今回の皆既月食は、31日20時48分から部分月食が始まり、21時51分~23時8分が皆既月食の時間帯となります。前回(2015年4月4日)日本で見ることのできた皆既月食は、継続時間がわずか12分間でしたが、今回は1時間17分と長丁場となります。そのため、天候的に観測が難しい地域の方や、暖かい屋内から観測を楽しみたい方は、美しい中継映像での観測がおすすめです。なお、番組は、ウェザーニュースのウェブサイトの他、ニコニコ生放送、YouTube Live、LINE LIVE、Periscope、FRESH!、Facebookライブ動画など各種動画サイトでご覧いただけます。

▼通知サービスの登録はこちら
スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」をダウンロード後、『ソラミッション』一覧へ
▼特設サイトはこちら
ウェブサイト「皆既月食2018.1.31」
https://weathernews.jp/s/star/lunareclipse/


◆皆既月食×ブルームーンを見逃さない!部分月食と皆既月食の開始をプッシュ通知でお知らせ

 スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」で展開する「ソラミッション」にて、専用通知サービスの登録を開始しました。『【予告】皆既月食リポートを募集』で“速報を受け取る”をONにした方には、31日の部分食と皆既食の開始をプッシュ通知でお知らせします。
 31日の月は、今月2回目の満月となりますが、1ヶ月の中で2度の満月を迎えることをブルームーンと呼ぶそうです。皆既月食とブルームーンが重なる貴重な機会ですので、見逃さないようぜひご登録ください。

【予告】皆既月食リポート募集を選択
“速報を受け取る”をONにする

◆世界屈指の星空ハワイから!皆既月食を各種動画サイトで無料生中継

 ウェザーニューズでは、皆既月食の様子を31日20時15分~23時15分(日本時間)に特別番組として、世界屈指の星空が広がるハワイ(ハワイ島)ほか国内1か所から生中継を行います。前回(2015年4月4日)日本で見ることのできた皆既月食は、継続時間がわずか12分間でしたが、今回の皆既月食は1時間17分と長丁場となります。そのため、天候的に観測が難しい地域の方や、暖かい屋内から観測を楽しみたい方は、美しい中継映像での観測がおすすめです。
 なお、番組は、ウェザーニュースのウェブサイトの他、ニコニコ生放送、YouTube Live、LINE LIVE、Periscope、FRESH!、Facebookライブ動画など各種動画サイトでご覧いただけます。

【YouTube Live】 https://youtu.be/aHVm5IQH6lA
【Facebookライブ動画】 https://www.facebook.com/weathernews.inc/videos/992212294274417/
【LINE LIVE】 https://live.line.me/channels/659/upcoming/7105977
【ニコニコ生放送】 http://live.nicovideo.jp/gate/lv310304517
【FRESH!】 https://freshlive.tv/weathernews/185445

◆31日20時48分から部分食がスタート!

月食中の月の位置

 皆既月食は、月が地球の影に完全に隠されて、赤黒く変色した満月が見える天体ショーです。地球の影の奥深くまで入り込むことから、皆既食の間は月の色の変化にも注目です。
 国立天文台によると、31日20時48分から部分月食が始まり、21時51分~23時8分が皆既月食の時間帯となります。次回、日本全国で皆既月食の全行程(部分食の始め~皆既食~部分食の終わり)を見ることができるのは「2022年11月8日」となります。

◆関東周辺など月食の観測チャンスあり!ただ広範囲で難しい天候…中継映像での観測がおすすめ

 31日夜は、比較的雲が薄い関東周辺や北海道の道東を中心に、月食の観測チャンスがあります。ただ、その他のエリアでは観測が難しそうです。
 日本海側は、寒気の影響により雲が広がりやすく、雪の降るところもあります。また、太平洋側は、南西諸島付近から前線や低気圧が近づく影響で、西から段々と雲が広がります。このため、昼間日差しが届くところでも、夜は曇り空となってしまいそうです。
 一方、今回中継を実施するハワイ(ハワイ島)は、月食の時間帯は晴れて好条件となります。日本は広範囲で観測には難しい条件となりますので、中継映像での観測がおすすめです。

※本予報は30日11時時点のものです。最新のマップはアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『星空 Ch.』、またはウェザーニュースのウェブサイト「皆既月食2018.1.31」(https://weathernews.jp/s/star/lunareclipse/)にて更新しますので、随時ご確認ください。

本ニュースをプリントアウトしてご覧になりたい方はこちら