ニュース

西・東日本は花粉飛散が本格化、今週は各地「非常に多い」予想で対策必須

【花粉Ch.】花粉の大量飛散エリアをマップで確認!『花粉シミュレーション』を公開

〜きめ細かい花粉予報で花粉症の方をサポートするアプリ「ウェザーニュースタッチ」〜

モバイル/インターネット >

 日本最大級の花粉観測網を展開する株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「花粉Ch.」にて、『花粉シミュレーション』を公開しました。『花粉シミュレーション』は、花粉が風に流されて飛散する様子をシミュレーションし、その結果をマップ上にアニメーションで表示したものです。1時間ごと24時間先まで、花粉の予想飛散量を色の濃淡で表します。花粉が大量に飛散する場所や時間帯がひと目でわかり、迫ってくる花粉に備えて事前に対策を取ることができます。
 ウェザーニューズがこれまでに実施した花粉症調査や花粉観測機「ポールンロボ」で観測した花粉データから、時間帯によって花粉飛散量は変化し、同じ日でも症状に強弱が出ることがわかっています。このため、症状の悪化を防ぐためには、花粉飛散量の変化をより詳細に把握することが重要です。「花粉Ch.」では、『花粉シミュレーション』の他、花粉飛散量や天気、風の予報を時系列で一覧できる1時間ごとのピンポイント花粉飛散予報を公開していますので、日々の対策にご参考ください。

▼『花粉シミュレーション』のご利用はこちら
スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」をダウンロード後、『花粉Ch.』にアクセス
または
ウェブサイト『花粉Ch.』からアクセス
https://weathernews.jp/s/pollen/


◆大量飛散の接近がアニメーションでわかる!『花粉シミュレーション』を公開

『花粉シミュレーション』 (サンプル)

 スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「花粉Ch.」にて、『花粉シミュレーション』を公開しました。『花粉シミュレーション』は、花粉がスギ林やヒノキ林といった発生源から風に流されて飛散する様子をシミュレーションし、マップ上に表示したものです。全国約1,000か所に設置した花粉観測機「ポールンロボ」で観測された花粉飛散量のデータや、天気・気温・風の予報データを元に計算され、花粉の予想飛散量を1時間ごと24時間先まで色の濃淡によって表示しています。
 花粉が飛びやすい気象条件は、晴れて気温が高く、風が強い日ですが、同じ風速でも風の向きによって、飛散エリアは変わってきます。『花粉シミュレーション』は、マップ上にアニメーションで表示しているため、大量に飛散する場所や時間帯がひと目でわかり、迫ってくる花粉に備えて事前に対策を取ることができます。

 現在、西・東日本では花粉飛散が本格化してきており、今週は広い範囲で「非常に多い」予想となっています。今後、スギ花粉の飛散ピークは3月下旬にかけて、ヒノキ花粉は3月下旬~4月中旬に飛散ピークとなる予想です。風の強い日や雨の降った翌日などは、花粉が大量飛散する恐れがあるため、「花粉Ch.」を活用し、引き続き万全の対策でお過ごしください。

◆きめ細かい1時間ごとのピンポイント花粉飛散予報

 「花粉Ch.」では、花粉飛散量や天気、風の予報を時系列で一覧できる1時間ごとのピンポイント花粉飛散予報や、花粉観測機「ポールンロボ」が観測したリアルタイムの花粉飛散量、『花粉シミュレーション』を無料でチェックできます。
 「花粉Ch.」で1時間ごとの予報や、今後の飛散シミュレーションを確認することで、外出する時間帯に花粉の飛散が多いかどうかを把握できます。また、風が強いとより多くの花粉が目や鼻に入りやすくなり、衣服にも付着します。「花粉 Ch.」の風向・風速の予報で、どの時間帯に一番注意が必要なのか確認し、事前対策にお役立てください。
 そのほか『花粉対策アラーム』では、その日の花粉飛散予報や花粉シーズンの開始・ピークをスマホにプッシュ通知でお届けします。さらに、花粉症タイプを診断する『花粉症チェックシート』にお答えいただくと、毎朝一人ひとりの症状にあった花粉対策や、臨時で大量飛散の情報をお知らせします。花粉対策の参考に、ぜひご活用ください。

1時間ごとの花粉飛散予報(サンプル)
『花粉対策アラーム』 (サンプル)

本ニュースをプリントアウトしてご覧になりたい方はこちら