ニュース

ウェザーニューズ×三菱自動車コラボ企画、「週末探検家」プロジェクト第二弾!

【週末探検家】芭蕉が詠んだ絶景の出現確率を予測!「古典絶景NAVI」無料公開

〜歌に描かれた気象現象をピンポイント予測、芭蕉も感動した絶景を堪能しよう〜

モバイル/インターネット >

 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、取締役CEO:益子修)が運営する「週末探検家」プロジェクトとコラボレーションし、新たに公開された「古典絶景NAVI」にて、俳句や和歌に描かれた絶景の出現予測情報を提供します。本企画は、2017年に公開した「雲海出現NAVI」に続く第二弾で、前回独自開発した、雲海出現の予測システムも活用しています。
 「週末探検家」プロジェクトは、“探検マインド”を持つ行動派な方を応援し、自然を楽しめるよう週末の過ごし方を提案するというものです。「古典絶景NAVI」は「週末探検家」ウェブサイトにて無料でご覧いただけます。著名な俳人・歌人も感動した、季節折々の美しい情景を訪ねる旅に向けて、ぜひご活用ください。

「古典絶景NAVI」の詳細・ご利用はこちら
スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」をダウンロード後、「お知らせ」にアクセス
または、
三菱自動車のウェブサイト「週末探検家」
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/special/weekend-explorer/

厳選した18か所の“古典絶景”目撃への挑戦をサポートする「古典絶景NAVI

「古典絶景NAVI」イメージ

 日本では古来より、季節折々の絶景に出会った感動を、和歌や短歌、俳句などを詠むことで表現してきました。情景豊かな歌に描かれた、俳人や歌人が感動した“古典絶景”は、雲海や霧など地形や気象条件が重なって発生する自然現象もあるために、必要条件が揃わないと見ることができません。そこで、週末の“探検”にて“古典絶景”目撃への挑戦・達成を目指す“週末探検家”の皆様をサポートすべく、“古典絶景”の出現を予測するシステム「古典絶景NAVI」を開発しました。
 「古典絶景NAVI」は、全国に存在する俳句や和歌で詠まれた18か所の絶景スポットにおける、週末の“古典絶景”出現確率を表示するシステムです。国文学者の監修のもと抽出・選定された18作品について、その絶景の見られる気象条件を定義しました。ウェザーニューズのこれまでの知見やAIなど最先端の予測技術を用いて、天気・気温・気圧・風向風速・湿度の予測データや3Dの地形データ、月の満ち欠けなどを組み合わせてシミュレーションし、出現確率を予測します。
 「古典絶景NAVI」は、ウェブサイトにて無料で公開されており、どなたでもご利用いただけます。出発地点の住所を入力すると、そこから最も近いスポットの週末の“古典絶景”出現確率が数値で表示されます。また、「古典絶景MAP」から行きたいスポットを選択して、その“古典絶景”出現確率を確認することもできます。

「古典絶景NAVI」トップページ:出発地点を入力すると、最も近い絶景スポットを検索できる
「古典絶景MAP」:スポットを選択して“古典絶景”出現確率を確認することもできる

ウェザーリポートをもとに雲海・“古典絶景”予測の精度向上へ

 ウェザーニューズでは、毎日の天気予報や緊急時の防災情報だけでなく、虹・流星・登山・ほたる・花火・紅葉・さくらなど、人々の暮らしをもっと楽しく、もっと豊かにする気象現象についても予測に取り組んできました。あらゆる気象現象の予測に取り組むウェザーニューズは、“自然現象への挑戦”を掲げる三菱自動車「週末探検家」プロジェクトに共感し、引き続き全面的にバックアップしてまいります。
 ウェザーニューズには、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」などを通じて、ユーザーから毎日18万件の天気報告(ウェザーリポート)が送られてきます。これらは、ウェザーニューズの予報センターにてリアルタイムに確認され、予報精度の向上に活用されています。ウェザーリポートをもとに継続的に雲海・“古典絶景”予測の精度を向上させたいと考えています。珍しい自然現象に挑戦する「週末探検家」プロジェクトを通じ、ウェザーニューズも新たな予測にチャレンジしていきます。

三菱自動車「週末探検家」プロジェクトとは

 働く人たちのワーク・ライフ・バランスに注目が集まる中、好奇心や探究心といった“探検マインド”を持つ行動派の大人に、“自然現象への挑戦”をテーマに様々なコンテンツを発信し、「休むだけなんてもったいない」と思えるような週末の過ごし方を提案していくプロジェクトです。

本ニュースをプリントアウトしてご覧になりたい方はこちら