ニュース

ウェザーニューズ、全国7.5万人と実施した「お花見調査」結果を公開

【お花見調査2019】東京・大阪は“ゴミ放置”、京都・青森は“大混雑” 住民ストレスに地域差

〜若い世代の5人に1人が“SNS映え”目的でお花見、“場所取りは若手の仕事”は2割以下に〜

モバイル/インターネット >

 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、日本の春の風物詩であるお花見の実態を調査するため、228日~39日にスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」を通して「お花見調査」を実施し、その結果を発表しました(回答者数:全国75,527人)。近年、観光客の急増による弊害「オーバーツーリズム(観光公害)」が問題視されていますが、本調査結果から、お花見名所の地元住民は“ゴミ放置”と“大混雑”が2大ストレスとなっていることがわかりました。特に、東京都・大阪府は“ゴミ放置”、京都府・青森県は“大混雑”に困っている方が多いようです。また、10代・20代の2割前後が“SNS映え”目的でお花見へ行き、若い世代ほど“占拠して写真撮影”を不快に感じている方が多いことがわかりました。
 本調査結果の詳細は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」やウェザーニュースのウェブサイトで公開するとともに、今後のサービスに活用していきます。

<ポイント>
(1) 東京・大阪は“ゴミ放置”、京都・青森は“大混雑” 地元住民のお花見2大ストレス
(2) 花見客の半数は“大声”、5人に1人は“占拠して写真撮影”に不快感
   若い世代の2割前後が“SNS映え”目的でお花見へ
(3) “花見の場所取りは若手の仕事”は2割以下、今は“しない”派が主流に
(4) お花見予算は節約傾向?缶ビール約2本分ダウンの全国平均1,712
(5) 相次いだ気象災害の影響は?近畿を中心に被害報告が届くも、影響は限定的の見込み

2019年お花見調査」の一般向けページはこちら
スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」をダウンロード後、『お知らせ』にアクセス
または
ウェザーニュースサイト「2019年お花見調査」
https://weathernews.jp/s/topics/201903/120205/

勘弁して東京・大阪は“ゴミ放置”、京都・青森は“大混雑” 地元住民のお花見2大ストレス

※クリックすると拡大します

 観光客の急増による弊害「オーバーツーリズム」が問題視されていますが、桜の季節、地元住民が特に困っている現象を明らかにするため、お花見スポット周辺にお住いの方を対象に「お花見シーズン中にイヤだなと思うことは?」と質問しました。“大混雑・渋滞”“ゴミ放置”“騒音”“その他”から回答いただいた結果(回答者数:6,495人)、“ゴミ放置”が46%、“大混雑・渋滞”が43%とほぼ二分している状況であることが判明しました。
 都道府県ごとに、最もイヤだと思っている項目で色分けしたところ、近畿や東日本、東北では“大混雑・渋滞”を不快に感じている方が多くなりました。遠方からも大勢の人が押し寄せ、公共の交通機関がキャパオーバーとなってしまったり、自家用車の乗り入れが著しく増えたりと、通常の生活に支障をきたすほどの混雑になってしまっているのかもしれません。人気のお花見スポットが数多くある京都府では55%、さらに青森県は全都道府県で最も多い80%が“渋滞・混雑”と回答しています。
 一方、東京都や大阪府など大都市圏や西日本を中心としてエリアでは“ゴミ放置”が多数であることが分かりました。東京都や大阪府などは平常時でも混雑している場合が多いため、“ゴミ問題”の方が目についてしまうのかもしれません。中には、ゴミ箱が設置されているにも関わらず、所定の場所以外にゴミを放置したりするケースもあるようです。

花見客の半数は“大声”、5人に1人は“占拠して写真撮影”に不快感
 若い世代の2割前後が“SNS映え”目的でお花見へ

※クリックすると拡大します

 「お花見に行った時にイヤだなと思うことは?」と質問し、“ブルーシートで景観悪化”“お酒や食べ物のニオイ”“占拠して写真撮影”“大きな声”から回答いただきました。全国8,558人から寄せられた回答を集計した結果、“大きな声”が約半数を占め、都道府県ごとにみても、全ての地域で“大きな声”が最も多い回答となりました。お酒を飲みながら宴を楽しむ場合は、どうしても声が大きくなりがちですが、のんびり桜を鑑賞している人達にとっては、迷惑に感じてしまう場合が多いのかもしれません。
 次に多かったのは“占拠して写真撮影”で、5人に1人が回答しました。年代別にみると若い世代ほど割合が多く、10代は32%、20代・30代はそれぞれ26%の方が不快に感じていることがわかりました。これは、SNSの普及により写真映えを気にする方が多いためと考えられます。

※クリックすると拡大します

 世代間でお花見の目的に違いがあるのか調べるため、「お花見の目的は?」と質問しました。“桜を愛でる”“食べ物・飲み物”“SNS映え”“その他”から回答いただいた結果(回答者数:8,156人)、年配者ほど“桜を愛でる”割合が多く、10代・20代は2割前後が“SNS映え”を一番の目的としていることがわかりました。より良い写真を撮るために長時間同じ場所で撮影を繰り返すと、周りに迷惑となってしまいます。撮影をする際は、お互いに譲りながらお花見を楽しみたいですね。

◆“花見の場所取りは若手の仕事”は2割以下、今は“しない”派が主流に

※クリックすると拡大します

 かつて会社やグループでのお花見宴会の場所取りは若手の仕事として恒例でしたが、今はどうなのか、実態を調査しました。
 「会社やグループでお花見宴会をしますか?」という質問で“する”と回答した21%(回答者数:4,117人)の方を対象に、「誰が場所取りをしていますか?」と質問しました。“若手”“若手以外”“じゃんけんやくじ”“場所取りの必要がない”から回答いただいたところ、“若手”は17%だったのに対し、“場所取りの必要がない”が71%を占め、今は場所取りを“しない”派が主流となっていることがわかりました。
 寄せられたコメントをみると、“場所取りの必要がない”方は、「少人数のお花見で平日・昼間は意外と空いている」「地元の人しか知らない場所なので」と、穴場情報をおさえている方が多いようです。また、「桜の見える飲食店を予約する」などパワーをかけずにお花見宴会を楽しんでいる方もいました。“若手”と回答した方は伝統となっていることが多く、「申し訳ないけれど、役職は仕事が忙しいのでどうしても若手の役目に」「昔言われたので懐かしい。今ならパワハラ?」という声もありました。

お花見予算は節約傾向?缶ビール約2本分ダウンの全国平均1,712

 「今年のお花見予算は?」と質問し、“0円”“500円”9,500円”“1万円以上”から選択いただきました。全国7,107人から寄せられた回答を集計した結果、お花見予算の全国平均は1,712円となりました。2017年の同調査と比較すると525円マイナス、缶ビール約2本分の節約に相当します。
 都道府県ごとにみると、1番予算をかけるのは島根県の2,783円で、全国平均より1,071円高い結果となりました。過去4回の同調査で毎回1位を記録していた青森県は今回3位で、今年は団子より花、という方が増えたのかもしれません。一方、最も予算が少ないのは沖縄県の857円でした。沖縄県ではもともと宴会型のお花見をする習慣がないため、予算が控えめになったのだと考えられます。

※クリックすると拡大します
※クリックすると拡大します

相次いだ気象災害の影響は?近畿を中心に被害報告が届くも、影響は限定的の見込み

 昨年は豪雨や台風の接近・上陸などによる自然災害が相次ぎました。お花見スポットへの影響を調べるため、「地元のお花見スポット、昨年の災害の桜への影響は?」と質問し、“影響なし”“影響あり”“大打撃”から回答いただきました。全国7,117人の回答を集計した結果、被害報告(“影響あり”“大打撃”の合計)が最も多かったのは大阪府で61%、次いで京都府42%、東京都39%、和歌山県23%、滋賀県22%と、上位のほとんどが近畿となりました。寄せられたコメントをみると、特に台風による被害が大きかったようです。

※クリックすると拡大します
※クリックすると拡大します

 お花見への影響について各名所にも取材を行いました。拝殿の倒壊をはじめ数十本の桜が倒木した平野神社(京都府)は、「元々桜の本数が多いので、お花見には問題なし」とのことで、桜花祭も例年通り410日に開催予定だそうです。また、日本三大桜の一つである根尾谷淡墨桜(岐阜県本巣市)も、台風21号により大枝が4本折れる被害が発生しましたが、本巣市によると「折れた枝は一部なので、木は大丈夫だろう」とのことでした。
 台風21号・24号の塩害による季節外れの桜(※)が話題になりましたが、樹木医によると「秋に咲いた分、花数は少なくなるが、数輪程度なので見た目にはわからないだろう」とのことです。
 桜の木や枝が少なくなった名所では、例年よりもボリュームに欠ける箇所があるかもしれませんが、取材結果も考慮し、今年の桜の開花や名所への影響は限定的で、地域全体の見栄えが劣るほどではないとみています。
詳細:全国で350件、桜開花相次ぐ(https://weathernews.jp/s/topics/201810/150065/

参考:2019年お花見調査結果(都道府県別ランキング)

地元住民のお花見ストレス

お花見予算ランキング

“ゴミ放置”が不快

“大混雑・渋滞”が不快

2019年

2017年

順位

都道府県

割合(%)

順位

都道府県

割合(%)

順位

都道府県

金額(円)

順位

都道府県

金額(円)

1位

佐賀県

65

1位

青森県

80

1位

島根県

2,783

1位

青森県

3,167

1位

鹿児島県

65

2位

福井県

60

2位

秋田県

2,663

2位

岩手県

2,919

3位

愛媛県

60

3位

岐阜県

58

3位

青森県

2,510

3位

宮崎県

2,842

4位

大阪府

56

4位

滋賀県

57

4位

熊本県

2,377

4位

熊本県

2,764

5位

熊本県

55

5位

福島県

55

5位

山形県

2,262

5位

山梨県

2,744

6位

島根県

54

5位

群馬県

55

5位

山梨県

2,262

6位

秋田県

2,644

7位

福岡県

53

5位

京都府

55

7位

岩手県

2,167

7位

京都府

2,549

8位

東京都

52

8位

石川県

54

8位

宮城県

2,157

8位

山形県

2,548

9位

兵庫県

50

8位

宮崎県

54

9位

福岡県

2,138

9位

福岡県

2,536

9位

広島県

50

10位

富山県

53

10位

高知県

2,047

10位

新潟県

2,529

11位

北海道

49

10位

静岡県

53

11位

滋賀県

2,010

11位

福井県

2,500

11位

山口県

49

10位

岡山県

53

12位

京都府

1,957

12位

長野県

2,480

13位

神奈川県

48

13位

宮城県

51

13位

佐賀県

1,950

13位

北海道

2,454

14位

秋田県

46

13位

山形県

51

14位

福島県

1,944

14位

栃木県

2,450

14位

千葉県

46

13位

長野県

51

15位

新潟県

1,906

15位

宮城県

2,429

14位

沖縄県

46

16位

茨城県

50

16位

群馬県

1,904

16位

福島県

2,394

17位

新潟県

45

16位

栃木県

50

17位

広島県

1,891

17位

広島県

2,389

17位

鳥取県

45

18位

山梨県

49

18位

富山県

1,884

18位

愛媛県

2,351

17位

徳島県

45

18位

愛知県

49

19位

栃木県

1,854

19位

東京都

2,315

20位

奈良県

44

18位

三重県

49

20位

大分県

1,796

20位

滋賀県

2,303

20位

高知県

44

21位

奈良県

48

21位

東京都

1,791

21位

石川県

2,300

22位

山形県

43

22位

岩手県

46

22位

岡山県

1,779

22位

岐阜県

2,283

22位

茨城県

43

22位

秋田県

46

23位

岐阜県

1,745

23位

三重県

2,278

22位

大分県

43

22位

埼玉県

46

24位

茨城県

1,723

24位

山口県

2,271

25位

埼玉県

42

25位

和歌山県

45

25位

奈良県

1,716

25位

千葉県

2,260

25位

富山県

42

26位

北海道

44

26位

埼玉県

1,711

26位

大阪府

2,239

25位

和歌山県

42

26位

高知県

44

27位

鹿児島県

1,705

27位

岡山県

2,229

25位

香川県

42

26位

長崎県

44

28位

千葉県

1,703

28位

奈良県

2,207

25位

長崎県

42

29位

千葉県

43

29位

愛媛県

1,695

29位

鳥取県

2,183

30位

山梨県

41

30位

神奈川県

42

30位

香川県

1,686

30位

徳島県

2,167

30位

宮崎県

41

30位

香川県

42

31位

宮崎県

1,676

31位

静岡県

2,129

32位

三重県

40

30位

沖縄県

42

32位

大阪府

1,622

32位

兵庫県

2,122

33位

宮城県

39

33位

新潟県

41

33位

静岡県

1,598

33位

群馬県

2,089

33位

福島県

39

34位

山口県

40

34位

和歌山県

1,582

34位

鹿児島県

2,089

33位

愛知県

39

34位

大分県

40

35位

兵庫県

1,576

35位

愛知県

2,088

36位

岩手県

38

36位

徳島県

39

36位

神奈川県

1,563

36位

神奈川県

2,069

36位

栃木県

38

37位

兵庫県

38

37位

長野県

1,562

37位

埼玉県

2,064

36位

長野県

38

38位

鳥取県

36

38位

石川県

1,561

38位

大分県

2,000

36位

京都府

38

39位

東京都

34

39位

長崎県

1,539

39位

茨城県

1,990

40位

静岡県

36

39位

大阪府

34

40位

福井県

1,458

40位

香川県

1,902

40位

岡山県

36

39位

福岡県

34

41位

山口県

1,371

41位

富山県

1,894

42位

石川県

35

42位

広島県

33

42位

愛知県

1,370

42位

長崎県

1,865

43位

群馬県

34

43位

島根県

31

43位

徳島県

1,338

43位

高知県

1,779

44位

岐阜県

33

44位

熊本県

26

44位

北海道

1,295

44位

佐賀県

1,732

45位

福井県

32

45位

佐賀県

23

45位

三重県

1,265

45位

和歌山県

1,698

45位

滋賀県

32

46位

愛媛県

22

46位

鳥取県

1,260

46位

島根県

1,563

47位

青森県

17

47位

鹿児島県

21

47位

沖縄県

857

47位

沖縄県

1,178

全国平均

46

全国平均

43

全国平均

1,712

全国平均

2,237

本ニュースをプリントアウトしてご覧になりたい方はこちら