ニュース

気温や湿度から夏バテのリスクを予測する新指数「夏バテ指数」を開発

6月10日より「夏バテ予報」をウェザーニュースLiVEにて公開

〜年々、深刻化している夏バテ予防・対策の参考に〜

モバイル/インターネット >

 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、夏バテのリスクに備える新指数「夏バテ指数」を開発し、花王株式会社のメントール(清涼成分)in炭酸浴ができる入浴剤「バブクール」「バブエクストラクール」の「TRY!ヒエポカバブキャンペーン」とタイアップした「夏バテ予報」を、ウェザーニュースLiVEhttps://www.youtube.com/user/weathernews)にて、610日より配信します。

夏バテ予防・対策の参考に、610日より「夏バテ予報」をウェザーニュースLiVEにて公開

 年々厳しさを増す日本の夏において、だるい疲れや食欲不振といった身体の不調である、「夏バテ」のリスクが高まっています。ウェザーニューズでは、厳しい夏の間も夏バテせず、健康な生活を送っていただけるよう、気温や湿度を元に新しく「夏バテ指数」を開発し、予報を公開します。予報はウェザーニュースLiVEにて、①610日~14日、②78日~12日、③722日~26日の3つの期間に公開を予定しています。
 なお、今回開始する「夏バテ予報」は、同時期に行われる花王株式会社のメントール(清涼成分)in炭酸浴ができる入浴剤「バブクール」「バブエクストラクール」の「TRY!ヒエポカバブキャンペーン」とタイアップして行います。「はじめてのヒエポカキャンペーン」では、当社所属のお天気キャスターの松雪彩花がヒエポカバブリーダーを務めます。
 これから始まる梅雨・夏に向けて、「夏バテ予報」を効果的に活用し、夏バテ予防や対策にお役立てください。

「夏バテ予報」をウェザーニュースLiVEで公開
キャスター松雪彩花がヒエポカバブリーダーに就任

<「夏バテ指数」の考え方>
夏バテと気象要因の関係は、下記の3点から求めます。

1)熱中症に警戒が必要な気象状態の日
2)熱中症に警戒が必要な気象状態の継続日数
3)高温多湿(30℃以上の暑さ、60%以上の高湿度)の継続日数

条件:冷房の影響や冷飲料水摂取などの人為的な影響は考慮しません。

本ニュースをプリントアウトしてご覧になりたい方はこちら