ニュース

天気アプリ「ウェザーニュース」、全機能を法人向けに提供開始

【アプリ法人契約開始】屋外業務の安全管理や効率運営を高精度な気象情報でサポート

~情報量業界No.1!高解像度雨雲レーダーや豪雨・台風・地震などアラーム機能も充実~

モバイル/インターネット >

 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、企業など法人のお客様のご要望にお応えし、累計1,700万ダウンロードの天気アプリ「ウェザーニュース」の全機能を法人向けに提供開始しました。天候予測や季節情報をアプリで提供し、建設業や農業、配送業、イベント運営など屋外で働く方々の安全管理や運営の効率化をサポートします。
 天気アプリ「ウェザーニュース」は、業界No.1の観測網と1kmメッシュの超局地的気象予測モデルで、予報精度の高い気象情報を配信しています。400名以上の気象リスクに向き合うプロが24時間リアルタイムで情報を更新するため、梅雨時期の強雨や夏のゲリラ豪雨など局地的かつ突発的な現象も高い精度で予測するほか、台風・地震など、いざという時にも役立つ情報量No.1の天気アプリです。専用サイトよりお申込みいただくと法人単位でのご契約が可能となり、個々での決済処理が不要となるほか、ご契約アカウント数に応じて利用料が割引されます。また、アカウントの一括管理ができるので、利用者が入れ替わる場合にも便利です。
 ウェザーニューズは、効率的な屋外作業の実施や安全をサポートすべく、アプリの機能性・利便性を高め、高精度な気象情報を提供できるよう、今後も更なるバージョンアップをしていきます。
アプリの名称について:2019525日、「ウェザーニュースタッチ」から「ウェザーニュース」に変更しました。

法人契約の詳細・お申込みはこちら
ウェブサイト「ウェザーニュース法人契約サービス」
https://biz.weathernews.jp/

屋外作業の安全管理や効率運営を高精度な気象情報でサポート!

 雨が気になるこれからの季節、天気アプリ「ウェザーニュース」で特におすすめなのが、独自開発した以下の機能です。専用サイトよりお申込みいただくと、有料機能を含め全てご利用いただけます。

どこよりもきめ細かい「雨雲レーダー」!最大15時間先まで予測

予報解像度:ウェザーニュースは、従来の天気アプリよりも、空間解像度では16倍、時間解像度では6倍細かく確認できる(※1時間後より先の降水分布予測)

 「雨雲レーダー」は、空間・時間解像度がどこよりも決め細かいのが特長で、雨雲の動きを250mメッシュと高解像度に、3時間後まで/10分間隔で確認することができます。一般的な雨雲レーダーや降水予測は、30分より先の降水分布については、1kmメッシュでしか予測できないため、「ウェザーニュース」の「雨雲レーダー」は、多くの利用者からご好評いただいているサービスの1つです。





降水分布の予報解像度(ウェザーニューズ調べ)

 

現在〜30分後

35分後〜1時間後

1時間後〜3時間後

他の天気アプリ

250mメッシュ/5分間隔

1kmメッシュ/5分間隔

1kmメッシュ/1時間間隔

アプリ「ウェザーニュース」

250mメッシュ/5分間隔

250mメッシュ/5分間隔

250mメッシュ/10分間隔

 また、アプリでは、3時間後以降の雨雲の動きも1時間ごとに15時間先まで確認することができます(予測解像度:6時間後までは1kmメッシュ、7時間後~15時間後までは5kmメッシュ)。
 例えば、夜までの雨の有無や強さを早朝の段階で把握できるので、準備の参考にしたり、作業スケジュールの変更をより早い段階で検討したりすることができます。






業界初の「5分天気予報」
 一般的な天気予報が、最も詳しいもので1時間単位なのに対し、「5分天気予報」は1時間先までの天気を5分単位で確認することができます。高解像度な降水分布予測を組み込んだ「5分天気予報」は、どのタイミングで雨が降るのか、また、雨の強さ(※)も把握することができるので、作業の一時停止や再開の判断にご参考いただけます。
雨の強さ:“ポツポツ”“パラパラ”“サー”“ザーザー”“ゴォーー”の5段階で表示

1時間ごとの天気予報(左)では1時間ずっと雨が降るのか、止む時間があるのか分からない。一方、5分天気予報(右)では雨は限られた時間だけだと分かる。

ゲリラ豪雨を平均59分前に通知!熱中症、台風、地震など充実のアラーム機能
 受信設定をONにするだけで、気象状況の変化や予想される荒天の最新見解を、ユーザーの居場所に合わせていち早くお知らせします。
 例えば、「ゲリラ雷雨アラーム」は、ゲリラ豪雨発生の危険性を事前にPUSH通知でお知らせする夏季限定のサービスで、毎年約16万人が利用しています。これまでの実績で、予測困難なゲリラ豪雨を90%予測し、全国平均で59分前までに通知することができています。
 アラーム機能の種類は、雨や落雷、警報など基本的なものだけで20以上あるほか、ユーザーが気象観測データや予報データを自由に組み合わせて、オリジナルのアラームを作ることもできます。現場に合わせて、注意すべき気象状況の変化をキャッチできるので、作業員の安全確保にも繋がります。

予報精度90%を実現!全国40万地点のピンポイント天気予報

予報メッシュの細かさ。1つの四角の枠内で、同じ天気アイコンが表示される

 アプリでは、従来の25倍細かいピンポイント天気予報を確認することができます。
 従来運用されてきた気象予測モデルは、解像度5kmメッシュ・1時間更新でしたが、ウェザーニューズが独自開発した新しい気象予測モデルは、解像度1kmメッシュ・5分更新と、高解像度・高更新頻度の超細密天気予報です。
 解像度が細かくなった(=予報の地点数が増えた)ことで、その地域により適した天気アイコンを表示できるようになり、予報精度が34ポイント向上しました。現在、的中率90%を実現しています。


アカウントの一括管理が可能!5アカウントでは年間契約4,635円お得に
 アプリはどなたでも無料でダウンロードできますが、一部の機能は有料となっています。専用サイトよりお申込みいただくと法人単位でのご契約が可能となり、有料機能を含め全てご利用いただけます。また、個々での決済処理が不要となるほか、アカウント数に応じて利用料が割引されます。アカウントの有効化・無効化など一括管理ができるので、利用者が入れ替わる場合にも便利です。



お申込み・詳細はこちら
ウェザーニュース法人契約 https://biz.weathernews.jp/


5アカウント 通常19,980円(税抜) ▶︎ 15,345円(税抜)︎ 4,635円お得!
20アカウント 通常79,920円(税抜) ▶︎ 61,380円(税抜)︎ 18,540円お得!
50アカウント 通常199,800円(税抜) ▶︎ 149,025円(税抜)︎ 50,775円お得!
5アカウントよりお申込み可能
通常契約価格iOSストア版360円(税込)とする

天気を味方に!働くあなたを強力サポート

~建築業の方におすすめ~
アラーム機能:気温や湿度などの条件から、熱中症の危険レベルを通知。また、天気急変を事前にお知らせするゲリラ豪雨や落雷情報に加え、作業に影響を及ぼす気象条件をもとに、オリジナルのアラームも作成できる。

~配送業の方におすすめ~
︎︎◇雨雲レーダー:雨雲の動きや雨の強さを面的にきめ細かく把握できるので、雨の降っていない/弱いルートを選択できる。
ピンポイント天気予報:雨の日に衣服や配送物が濡れないよう対策。雨で渋滞しやすい道を避けるなど配送ルートを組み立てる際に役立つ。

~農家の方におすすめ~
長期予報:梅雨の雨量傾向や夏の猛暑傾向など、植物の病気対策や品種選びの参考に。
10日間天気予報:全国40万地点の超細密天気予報。目先のスケジュールを組み立てる際に役立つ。

~オフィス勤務の方にもおすすめ~
台風情報や交通機関への影響予測:最新見解を随時更新。荒天ピークの時間や交通機関への影響度・影響時間を確認できる。従業員の安全確保、帰宅指示を検討する際の参考に。
桜、紅葉など季節情報:見頃予想やスポット情報など掲載。社内イベントを企画する幹事さん必見。

参考:情報量業界No.1!天気アプリ「ウェザーニュース」

参考:日本最大級の観測網を展開!高精度で、最も信頼できる気象情報の提供へ

 天気アプリ「ウェザーニュース」で提供している高精度な天気予報や独自機能は、AI技術のほか、日本最大の気象観測網と、全国のウェザーニュース会員との気象情報を通じたネットワークがあるからこそ実現できています。
 ウェザーニューズは全国に約1.3万地点の独自の気象観測網を備えるとともに、ユーザーにも小型気象観測機を3.5万台配布し、観測に協力をいただいています。また、ウェザーニュース会員から届く天気報告は118万通にのぼります。
 ウェザーニューズでは、今後も観測データや現地ユーザーからのフィードバックを元に、予測モデルの継続的なバージョンアップに努め、日本一信頼できる気象情報の提供を目指してまいります。

本ニュースをプリントアウトしてご覧になりたい方はこちら