TOP > NEWS > 2022

ニュース

全国約1,000か所に展開する国内唯一の花粉の自動観測「ポールンロボ」のデータを解析

全国の花粉飛散数のリアルタイムデータを無料で公開

〜1時間単位の花粉飛散数を市区町村ごとにCSVファイルやAPI連携で取得可能〜

モバイル/インターネット >

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開 千仁)は、環境省花粉観測システム(愛称:はなこさん)事業の廃止で2022年から花粉飛散データの取得が出来なくなったことを受けて、独自のIoT花粉観測機「ポールンロボ」の観測・解析による全国の花粉飛散数のリアルタイムデータを無料で公開します。
データは専用サイトからCSVファイルをダウンロードもしくはAPI連携でどなたでも取得が可能です。2022年2月3日から、「ポールンロボ」の観測終了(6月頃を予定)までのデータをダウンロードいただけます。
「ポールンロボ」は、レーザー光を使って空気中の花粉数をカウントする花粉の自動観測機です。全国のご家庭・病院・企業など約1,000か所に設置いただき、日本最大の高密度な花粉観測網を展開しています。リアルタイムの花粉飛散数データを広く活用いただくことで、花粉症の研究や対策などに役立てていただきたいと考えています。

花粉飛散数データの取得はこちらから
https://wxtech.weathernews.com/pollen/index.html

全国の花粉飛散数のリアルタイムデータを無料で公開

 花粉の観測方法には、1日1回ガラス板に付着した花粉を顕微鏡で人が数えるダーラム法と、機械による自動観測の2種類があります。ダーラム法による花粉観測は、スギ・ヒノキなど花粉の種類を見分けられるという利点がありますが、観測に多くの時間と労力がかかる上にリアルタイムでの飛散状況がわかりません。また、観測地点数も限られています。一方、自動観測では、花粉の種類は見分けられないものの花粉の飛散状況をリアルタイムで把握できます。また、人手がかからないため多数の地点での観測が可能です。
 花粉は気象条件によって飛散量や飛散エリア・時間帯が変化するため、飛散状況を時間的・空間的に詳細に把握することが重要です。昨年まで、花粉の自動観測には、環境省花粉観測システム(愛称:はなこさん)とウェザーニューズの「ポールンロボ」による観測がありましたが、昨年末に環境省より令和4年から「はなこさん」事業を廃止し、花粉観測を終了する発表がありました(※)。環境省では「はなこさん」による花粉飛散データをHP上で無料公開していましたが、観測終了に伴い、データの公開も終了しています。

 当社では、2022年から「はなこさん」の観測による花粉飛散データの取得が出来なくなったことを受けて、国内唯一の花粉の自動観測となった「ポールンロボ」のデータを広く活用いただき、花粉症の研究や対策に役立てていただくため、全国の花粉飛散数のリアルタイムデータを無料で公開することを決定しました。

専用サイトからCSVファイルやAPI連携で誰でも取得可能

花粉飛散数リアルタイムデータ(イメージ)

 今回提供を開始するデータは、全国約1,000か所に設置している「ポールンロボ」の観測値をもとにした、花粉飛散数の解析値です。一般のご家庭の軒下などにも設置しているため、設置状況による観測値のばらつきを補正した値を用いています。
 データは専用サイトからCSVファイルをダウンロードもしくはAPI連携でどなたでも取得が可能です。1時間単位の花粉飛散数を市区町村ごとに入手することができます。

▼花粉飛散数データの取得はこちらから
https://wxtech.weathernews.com/pollen/index.html

提供データ仕様

データ種別花粉飛散数
単位個/m2
データ期間2022年2月3日〜観測終了まで(6月頃を予定)
時間解像度1時間
空間解像度市区町村
提供方法CSVファイルをダウンロード、API連携

<注意事項>
・ このデータは無料でダウンロード可能で、成果物は展示や放送等で公開頂けます。成果物を公開される場合は、ウェザーニュースの「ポールンロボ」で観測されたデータであることを明示してください。公開にあたりご報告をいただく必要はありません。
・ 営利・商用目的でのご利用や、インターネットを通じた成果物の公開をご検討の場合はお問い合わせください。
・ APIに過度なアクセスがあった場合には遮断する場合があります。
・ このデータをもとにした活動により発生したいかなる損害についても、当社では責任を負いかねます。
・ 詳細はダウンロードサイトをご確認頂き、不明点はお問い合わせください。

 

24時間花粉に目を光らせるIoT花粉観測機「ポールンロボ」

IoT花粉観測機「ポールンロボ」

 「ポールンロボ」はウェザーニューズが開発したIoT花粉観測機です。通信機能を内蔵し、Wi-Fi不要で電源さえあればどこでも観測が可能です。直径約15cmの球体で、人の顔に見立てて目、鼻、口がかたどられています。口の部分から吸い込まれた空気中の花粉を計測します。計測した花粉の数によって目の色が「白」「青」「黄」「赤」「紫」の5段階(※表)で変化し、設置場所の花粉の飛散量を知らせます。
 観測したデータはウェザーニューズに1分ごとに自動送信され、アプリ「ウェザーニュース」やウェブサイト「花粉Ch.」で無料公開されます。また、毎日の花粉予報や通知サービスなどにも活用されています。

▼ウェザーニュース「花粉Ch.」
https://weathernews.jp/s/pollen/

※表:花粉観測機「ポールンロボ」の目の色の変化(イメージ図)
花粉観測機
「ポールンロボ」
目の色
飛散数/日0~29個30~99個100~199個200~299個300個~

 

本ニュースをプリントアウトしてご覧になりたい方はこちら