ニュース

熊本で震度7、被災地の天気・被害情報を集約して配信

ウェザーニューズ、『熊本地震特設サイト』を開設

〜今週末は天気下り坂、17日は大雨・強風のため土砂災害に注意

モバイル/インターネット >

 2016年4月14日21時26分頃、熊本県熊本地方で地震の規模を表すマグニチュード6.5(暫定値)の地震が発生し、熊本県上益城郡益城町では最大震度7を観測しました。震度7の観測は、1923年の統計開始以来、阪神淡路大震災・新潟県中越地震・東日本大震災に続いて4回目で、熊本県で震度6以上の地震が観測されたのは初めてのことです。ウェザーリポーターから、建物の倒壊や道路の陥没などの被害が寄せられています。今回の地震は横ずれ断層型で“余震頻発”が特徴です。過去、新潟県中越地震では4日後に震度6クラスの余震が発生しており、少なくとも1週間は大きな余震に注意が必要です。今週末は天気が下り坂で、日曜日は大雨・強風の恐れもあるため、斜面の近くなど地盤が弱いところは土砂災害などにも注意が必要です。
 ウェザーニューズは『熊本地震特設サイト』を開設しました。熊本県のピンポイント天気や現地からの被害報告、予報センターの最新見解など関連情報を集約し、被災地の方に役立つ情報を発信していきます。

『熊本地震特設サイト』はこちらから
スマホ向けwebサイト「ウェザーニュース」
http://weathernews.jp/s/topics/201604/150005/
スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」
をダウンロード後、「おしらせ」にアクセス

『熊本地震特設サイト』を開設

 ウェザーニューズは、被災地周辺の天気・被害情報を集約する『熊本地震特設サイト』を本日開設しました。益城町を中心とした被災地のピンポイント天気・雨雲レーダー・地象や気象センターの最新見解のほか、現地のウェザーリポーターから寄せられた被害報告など、熊本県に関する情報を一括して発信しています。情報は随時更新予定で、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」やスマホ向けwebサイト「ウェザーニュース」から無料でご覧いただけます。

4月14日、熊本で震度7の地震発生

 14日21時26分頃、熊本県熊本地方で地震の規模を表すマグニチュード6.5(JMA暫定値)の地震が発生しました。震源の深さは11km(JMA暫定値)と非常に浅く、益城町では最大深度7を観測しました。震度7の揺れが観測されたのは、阪神・淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災に続いて4回目となります。熊本県内で震度6以上を観測する地震は、1923年の統計開始以来、初めてのことです。

※ 『熊本地震特設サイト』

今回の特徴は“余震頻発”

 この地震は、南北方向に張力軸を持つ「横ずれ断層型」の地震でした。震源が浅く規模も大きかったため、熊本では強い余震が頻発しています。15日10時時点で、揺れを感じる地震は123回発生しています。過去、新潟県中越地震では4日後に震度6クラスの余震が発生しており、少なくとも1週間は大きな余震に注意が必要です。

※ 4月14日21時26分頃の震度と体感報告
スマホアプリ「地震津波の会」より

熊本県内からの被害報告

 4月14日21時半頃から15日正午にかけて、天気に関する報告が九州全域から合計2,000通寄せられ、そのうち被害を知らせる「減災リポート」は益城町や熊本市中心部を中心に30通ほど届きました。

※ 図はインターネットサイト「ウェザーニュース」の 「減災Ch.」 http://weathernews.jp/gensai_map/