ニュース

14日夜は三大流星群の“ふたご座流星群”を生中継!各種動画サイトで無料放送

【ふたご座流星群】流星動画をスマホにお届け!『流星キャッチャー』アプリで登録開始

~今年は月明かり弱く好条件、関東など東日本太平洋側は晴れて流星観測に好条件~

モバイル/インターネット >

 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、三大流星群(※)のひとつである、“ふたご座流星群”をお楽しみいただくため、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」内の「星空Ch.」にて、『流星キャッチャー』の登録を開始しました。『流星キャッチャー』は、中継で捉えた流星の動画が3分以内にスマホにプッシュ通知で届くサービスです。事前に登録しておくと、流星が多く期待できる1421時~24時に、暖かい室内にいながら気軽に天体ショーを楽しむことができます。ウェザーニューズでは“ふたご座流星群”の様子を流星特別番組として、国内3か所から生中継を行い、国立天文台よりゲスト解説者をお迎えして、流星群の特徴やこの時期の星座などを解説する“リアルタイムプラネタリウム”をお届けします。番組は、ウェザーニュースのウェブサイトの他、ニコニコ生放送、YouTube LiveLINE LIVEPeriscopeFRESH!など各種動画サイトでご覧いただけます。また今回は新たに、LINE LIVEの公式アカウント「LIVEチャンネル」にて、女子高校生を中心に人気の双子ユニット“りかりこ”、双子ダンスで話題の“まこみな”、その他天文台の方をゲストに迎え、LINE LIVE限定番組(141730分~1830分、23時~25時)をお届けします。“ふたご座流星群”は毎年多くの流星が観測され、今年は月明かりにも邪魔されず、観測には好条件となります。屋外での観測が難しい方も、お好みの動画サイトから流星の中継映像をお楽しみください。

三大流星群:1月の“しぶんぎ座流星群”、8月の“ペルセウス座流星群”、12月の“ふたご座流星群”が挙げられます。

『流星キャッチャー』の登録はこちら
スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」をダウンロード後「星空 Ch.」からアクセス
「ふたご座流星群」の詳細はこちら
ウェザーニュースウェブサイト「ふたご座流星群」
https://weathernews.jp/s/star/gemini/

流星の感動の瞬間がスマホに届く『流星キャッチャー』

『流星キャッチャー』サンプル画像

 『流星キャッチャー』は、中継で捉えた流星の動画が3分以内にスマホにプッシュ通知で届くサービスで、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「星空 Ch.」から登録できます。“ふたご座流星群”の流星が多く期待できる(1421時~24時)は、ウェザーニューズのスタッフが国内3か所の流星中継をモニタリングし、流星が確認されると同時に動画を編集して、登録している方のスマホにプッシュ通知でお届けします。プッシュ通知から開いた画面では、流星の動画をすぐにご覧いただけ、どこにいても流星観測ができます。『流星キャッチャー』の対象エリアは、“全国”または“ここのエリア周辺のみ”から選択できます。

◆“ふたご座流星群”を各種動画サイトで生中継!
 LINE LIVEでは女子高生に人気の“りかりこ”“まこみな”をゲストに限定番組も

 ウェザーニューズは、“ふたご座流星群”の様子を流星特別番組にて生中継します。1420時~2230分に放送する流星特別番組では国内3か所から生中継を行い、ゲスト解説者に国立天文台の方をスタジオに迎え、美しい星空と流星を堪能できる“リアルタイムプラネタリウム”をお届けします。番組はウェザーニュースのウェブサイトの他、ニコニコ生放送、YouTube LiveLINE LIVEPeriscopeFRESH!など各種動画サイトでご覧いただけます。

LINE LIVE限定番組ゲスト “りかりこ”
LINE LIVE限定番組ゲスト “まこみな”

 また今回は新たに、LINE LIVEの公式アカウント「LIVEチャンネル」にて、LINE LIVE限定番組(1730分~1830分、23時~25時の全2回)をお届けします。LINE LIVE限定番組では、“ふたご”座流星群にちなんで、女子高校生を中心に人気の双子ユニット“りかりこ”、双子ダンスで話題の“まこみな”、その他天文台の方をゲストに迎え、流星の観測ポイントなどをご紹介します。

▼14日の番組スケジュール
1730分~1830分  LINE LIVE限定ふたご座流星群事前番組
 【LINE LIVE】 https://live.line.me/channels/21/upcoming/6434952

20時~2230分 ふたご座流星群特別番組 ※各種動画サイト
 【YouTube Live】 https://youtu.be/XU2qh3fdMzg
 【FRESH!】 https://freshlive.tv/weathernews/175507
 【LINE LIVE】 https://live.line.me/channels/659
 【ニコニコ生放送】 http://live.nicovideo.jp/gate/lv309425552

23時~25時  LINE LIVE限定ふたご座流星群特別番組
 【LINE LIVE】 https://live.line.me/channels/21/upcoming/6434958

出演者情報の詳細は番組URLよりご覧ください。
『MeteorBroadcaster』参加型企画 イメージ画像


 また、ウェザーニューズが参画する、リアルタイム流星観測プロジェクト『MeteorBroadcaster(メテオブロードキャスター)』の参加型企画として、流れ星への願い事をtwitterで募集します。参加方法は簡単で、2つのハッシュタグ「#流れ星に願いを」「#ふたご座流星群」をつけて願い事をツイートするだけです。中継中に流れ星を捉えたら、ユーザーからお預かりした大切な願い事を流れ星に届け、満天の星空の中継画面に映し出します。

今年は月明かりに邪魔されず絶好の条件!1421時以降の観測がおすすめ

14日22時頃の星空(東京)

 三大流星群のひとつ“ふたご座流星群”は、毎年ほぼ確実にたくさんの流星が出現するのが特徴で、中継でも毎回多くの流星が観測されています。また、“ふたご座流星群”は早い時刻から流星が出現し始めるため、お子さんでも観測しやすいのが特徴です。ほぼ一晩中流星が出現するため、お仕事や忘年会で帰宅が遅い方など、多くの方々にとって観察しやすい流星群でもあります。
 今年は出現ピークが新月直前にあたるため、月明かりの影響を受けず絶好の条件で観測することができます。出現ピークは1416時頃と予想されており、13日夜や14日夜は流星の見頃となります。特に、放射点が空高く上がってくる21時以降の観測がおすすめです。
 流星群はふたご座の周辺のみに出現するわけではなく、放射点を中心に四方八方に流れるため、夜空のどこにでも現れます。街明かりのない、空が開けたところでは、1時間あたりに40個程度の流星が期待できそうです。

気になる天気は?関東など東日本太平洋側は晴れて観測に好条件!

 14日夜~15日明け方は冬型の気圧配置となり、比較的雲の少ない東日本の太平洋側や北海道道東の太平洋側では、流星観測に期待ができそうです。四国や近畿は段々と雲が広がってくるため、早めの観測をおすすめします。一方、日本海側や九州では、雲が広がりやすく、観測には難しい条件となりそうです。
 夜は厳しい寒さとなるので、流星観測をする際は、寒さ対策を万全にしてお楽しみください。

本予報は13日時点のものです。最新のマップはアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『星空 Ch.』、またはウェザーニュースのウェブサイト「ふたご座流星群」(https://weathernews.jp/s/star/gemini/)にて更新していきますので、随時ご確認ください。

 

本ニュースをプリントアウトしてご覧になりたい方はこちら