TOP > NEWS > 2022

ニュース

「ウェザーニュース」アプリの人気機能をアップデート、冬の安全運転対策に

業界初(※1)!雪道の運転リスクを1km四方で予測、『ドライブリスク予報』で提供開始

ドライブルート上の路面の凍結や積雪、吹雪や地吹雪による視界不良をピンポイント予測

モバイル/インターネット >
(※1) 2022年12月13日時点 当社調べ

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、お天気アプリ「ウェザーニュース」にて、目的地までの天気による運転リスクを確認できる『ドライブリスク予報』をアップデートし、新たに路面の凍結や積雪、吹雪や地吹雪による視界不良といった雪道の運転リスクに関する項目に対応しました。
今回のアップデートでは、雪道の運転で気を付けたい路面の「積雪」と「凍結」が運転ルートに沿ってひと目でわかるようになりました。また“ホワイトアウト”など、事故に繋がるおそれのある吹雪や地吹雪による視界不良の危険度を「危険」「警戒」「注意」「リスク低」の4ランクで確認できます。
本予報には、当社独自の路面予測のデータを用いています。路面予測では、積雪予測データを元に、雨や昇温による雪どけ、気温低下による再凍結などの影響を考慮して路面の状態を1km四方で予測します。さらに、吹雪や地吹雪による運転への影響は、ウェザーニュースアプリのユーザーを対象に行なった「降雪時のドライブリスク調査」の結果を元に、危険度を算出しています。いずれも1km四方で運転ルート上をピンポイントで予測しており、データは1時間間隔で更新されて常に最新の予報が表示されるようになっています。
『ドライブリスク予報』はどなたでも無料でお使いいただけます。年末年始の帰省やお出かけなど、冬の安全運転対策にお役立てください。

『ドライブリスク予報』のご利用はこちら
スマホアプリ「ウェザーニュース」
(iOS 版・Android 版)をダウンロード
https://weathernews.jp/app/
ウェザーニュース『ドライブリスク予報』
https://weathernews.jp/s/drive_risk/

 

ドライブルート上の「凍結」「積雪」「吹雪/地吹雪」のリスクを予報

『ドライブリスク予報』は、出発地と目的地、出発時刻を設定すると、目的地までのルート上の天気による運転リスクを確認できる機能です。
今回のアップデートでは、本格的な冬に向けて、雪道の運転リスクに対応しました。<路面>の項目では雪道の運転で気を付けたい路面の「積雪」と「凍結」のリスクが、<視界>の項目では吹雪や地吹雪による視界不良の危険度を「危険」「警戒」「注意」「リスク低」の4ランクで確認できます。
マップ下に表示されるテキストでは、ルート上の運転リスクをまとめて表示しており、区間や時間の目安などの詳細をマップで確認できるようになっています。
運転ルート上の天気によるリスクを事前に知っておくことで、冬用タイヤやチェーンなどの準備、運転への心構えに役立ちます。場合によっては、より安全な別の移動手段を検討することもできます。2日先まで出発時刻を指定して検索ができるため、翌日の通勤手段の検討や週末のお出かけなどにも役立ちます。
通勤などでよく使うルートの検索には「マイ天気登録」が便利です。いつものルートを検索した状態でマイ天気に登録しておくと、アプリ起動後すぐにルート上のリスクを確認できるようになります。
『ドライブリスク予報』はどなたでも無料でお使いいただけます。年末年始の帰省やお出かけなど、冬の安全運転対策にお役立てください。

ドライブリスク予報<路面>
ドライブリスク予報<視界>

 

独自の路面予測で、雪道の運転リスクを1km四方で算出

2022年12月1日に実施した視界に関する調査

本予報には、当社独自の路面予測のデータを用いています。路面予測は、積雪予測データを元に、雨や昇温による雪どけ、気温低下による再凍結などの影響を考慮して、路面の状態を1km四方で予測します(※2)。予測値を作る上で重要な積雪の実況については、アメダスなどの観測データに加えて、ウェザーニュースアプリのユーザーから寄せられる天気や積雪、路面状態の報告を活用し、正確性を上げています。より正確な積雪の実況値を反映させることで、より高精度な路面状態の予測を実現しています。
さらに、吹雪や地吹雪による運転への影響は、ウェザーニュースアプリのユーザーを対象に行なった「降雪時のドライブリスク調査」の結果を元に、危険度を算出しています。よりドライバーの感覚に沿った予報を提供することで、安全運転をサポートしたいと考えています。
当社では、今後もユーザーから寄せられる情報を積極的に活用し、皆さまの安全で快適な生活に役立つ情報提供に取り組んでまいります。

(※2) 気象データをベースに作られた予測値であるため、道路管理者による規制や作業は考慮しておりません。

 

天気予報精度No.1、累計3,500万ダウンロード突破のお天気アプリ「ウェザーニュース」

「ウェザーニュース」は、株式会社ウェザーニューズが運営するお天気アプリです。2022年11月現在のダウンロード数は累計3,500万を突破し、多くの方にご利用いただいています。業界No.1の観測網と、アプリのユーザーから寄せられる天気報告を活用した、高精度の気象情報をご覧いただけます(一部、有料会員向け機能あり)。予報精度に徹底的にこだわり、第三者機関による天気予報サービスの予報精度調査において、予報精度 No.1を獲得しました(※3)。気象リスクに向き合うプロフェッショナルが、24時間リアルタイムで情報を更新し、台風・大雨・暴風・ゲリラ雷雨・大雪・地震などの最新情報をいち早くお伝えし、いざという時にも役立ちます。また、医師と共同開発した天気痛予報、洗濯物の乾く時間がわかるお洗濯情報など、生活に役立つコンテンツも満載です。今後もユーザーの皆さまの安全で豊かな生活をサポートできるアプリを目指し、予報精度向上、新コンテンツの開発、UI・UXの改善に努めてまいります。

(※3)
調査方法:デスクリサーチ
調査期間:2022年1月1日~5月31日
調査概要:天気予報精度調査
調査実施:東京商工リサーチ
比較対象:「ウェザーニュース」を含む日本国内の主要な気象予報5サービス
調査の詳細は当社HPをご覧ください。
「ウェザーニュース」が天気予報サービス予報精度No.1を獲得:https://jp.weathernews.com/news/40290/

 

<スマホアプリ「ウェザーニュース」概要>

名称
ウェザーニュース
利用料金
ダウンロード無料(App内課金あり)
対応OS
iOS/Android
ストアURL
【App Store】
https://apps.apple.com/jp/app/ウェザーニュース/id302955766
【Google Play】
https://play.google.com/store/apps/details?id=wni.WeathernewsTouch.jp&hl=ja&gl=US

 

本ニュースをプリントアウトしてご覧になりたい方はこちら