安定供給と最適化のための総合支援サービスで
サステイナブルな未来の創造をおこないます。
エネルギー気象チームは、電力会社・ガス会社さまを、電力需要予測や再生可能エネルギーの発電量予測、施設管理の保守の面からサポートします。お客様ニーズに合わせたサービスで、電力の安定供給や利益の最大化、環境負荷軽減につながるよう支援します。
エネルギー気象のあゆみ
エネルギー気象のRoots
1988年、エネルギー気象チームは、落雷情報のニーズからはじまりました。落雷情報は、停電やその早期復旧作業の観点から重要視されていました。しかし、当時は電力会社が参考にできる落雷情報はほとんどありませんでした。 「いざというとき人の役に立ちたい」というのがウェザーニューズのサービスの原点です。 そこで、エネルギー気象チームは、いざというときに電力会社や電気を日々使用するみなさんの役に立てるように、日本初となる落雷位置標定ネットワークを構築し、運用を開始したのがはじまりです。

それ以来エネルギー気象チームは、電力・ガス会社さまを中心としたエネルギー関連企業さまの業務ニーズに合わせてサービスを発展させ、気象データの提供はもちろん、電力需要予測や再生可能エネルギーの発電量予測など、お客様の課題を解決するためのソリューションサービスを行っております。各会社さまにおける様々なテーマに対してTotal Supportを実現し、重要な社会インフラであるエネルギー供給と環境貢献を支えることを目指しております。
サービスメニュー
WxTech®️ for Energy
気象データ提供
電力需要予測や発電量予測等に必要となる気象予測値をデータセットにしてご提供し、需給管理業務をサポートします。
▼サービスの特徴
・電力市場向けの気象データセット(予測のデータ間隔が30分毎、任意地点予測)
・日々、精度改善を行っている最新技術による気象予測値
・マルチモデルアンサンブル技術を用いた気象予測のブレ幅を加味した予測の提供

▼導入による効果の例
・高精細な気象データによるインバランスリスクの縮小
・需要想定や発電量予測において、変動リスクを加味した計画をたてることが可能

データセットの詳細へ >

PV Power Forecast
太陽光発電量予測
PVサイト開発初期から利用できる物理的な手法による発電量予測と、実績データが蓄積されてから使用できる統計的な手法による発電量予測を提供し、電力の需給計画をサポートします。
▼サービスの特徴
・発電量予測のインプットデータとして、当社の高精度日射量予測を使用
・統計モデルでは、複数のPVサイトのまとめ総量を予測することも可能

▼導入による効果の例
・自社での発電量予測モデル構築と運用コストの削減
・統計モデルによる日々の精度向上によるインバランスリスクの縮小
Demand Prediction
電力需要予測
電力需要を高精度に予測するサービスを提供いたします。
▼サービスの特徴
・独自 AI が 30 分毎に学習し続けることで、高精度の予測を実現
・当社が保有する世界最大の気象ビッグデータベースを使用

▼導入による効果の例
・人による需要予測修正時間の減少  →電力需要予測の計画の効率化によるコスト削減
・需要予測の精度向上
・調達量の最適化により、環境負荷の低減

プレスリリースはこちら >

持続可能な社会(SDGs)への貢献
わたしたちは気候変動によって、様々なリスクにさらされています。電力会社・ガス会社さまも同様です。未来のために、エネルギー気象チームはサステイナブルな社会を目指して、お客様と一緒にSDGsへの貢献ができるよう取り組んでいきます。
ウェザーニューズのご提供するサービスを通じて、以下をサポート
・電力ロスの軽減や電力の安定供給
・再生可能エネルギー発電の効率化
・気象災害リスクを把握し、電力設備のレジリエンスを高める
・電力需給の最適化やCO2排出の削減により、環境負荷の軽減 etc.