TOP > NEWS > 2020

ニュース

ウェザーニューズとラクスルが協業を開始 WxTechTMサービスを運用型テレビCM「ノバセル」が導入

「テレビCMの放映効果データ」と「気象データ」の掛け合わせで全国エリアとして業界初の“天気連動型テレビCM”の放映が可能に

〜テレビCM×天気予報で企業の新たなマーケティング活動を支援〜

モバイル/インターネット >

 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉県千葉市美浜区、社長:草開千仁、以下「ウェザーニューズ」)は、ラクスル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:松本恭攝、以下「ラクスル」)と協業を開始し、ラクスルが運営する広告プラットフォーム「ノバセル」において、ウェザーニューズが展開する高精度な気象データサービスWxTechTMサービスを導入した、全国エリア対象として業界初となる「天気連動型テレビCM」の提供サポートを開始します。
 「天気連動型テレビCM」では、ノバセルのテレビCMの放映効果データとウェザーニューズの気象データとを掛け合わせることによってCM効果の最大化に取り組み、企業の新たなマーケティング活動を支援します。

◆取り組みの背景

 ウェザーニューズでは、ラクスルが運営する広告プラットフォーム「ノバセル」のサポートのもと、2019年より天気アプリ「ウェザーニュース」のテレビCMの放映を開始しており、2020年の1月にはアプリの累計ダウンロード数が2,000万を突破しました。
 2020年6月から放映を開始した新CMでは、前年の検証実績を踏まえた上で、2つの企画、8つの訴求軸、さらに放映時間別、地域別と検証したい項目を掛け算し、計121種類の放映パターンを制作しています。これらのパターンを、天気や地域など、様々な条件に合わせて放送内容を変えることで、広告効果の最大化に取り組んでいます。
 過去、当社がデジタル広告を運用する中で、クリエイティブやその日の天気によって、ダウンロードの獲得数に大きな差があったことから、テレビCMも天気予報と連動させて運用することで効果の最大化ができると考え、今回、「ノバセル」のサポートのもと、独自の高精度気象と最新テクノロジーを組み合わせて、マーケティングを支援する「WxTechTM Marketing」(ウェザーテック・マーケティング)として天気予報と連動したテレビCMの取り組みを開始しました。天気予報に基づいてクリエイティブの細かい差し替えを行い、放映効果をテレビCM効果測定ツール「ノバセルアナリティクス」でリアルタイムに評価した結果、アプリのダウンロード数に大きく差が出ることが明らかになりました。CMを放映するエリアと時間の天気を精度良く予測し、予測される天気条件において最も“刺さる”クリエイティブを選択することでCM効果を高め、さらに測定結果を元に高速でPDCAを回していくことでダウンロード数の更なる向上を実現しました。
 天気によって人の消費行動は変化するため、テレビCMも天気予報と連動させて運用することで、広告効果は大きく変わることが考えられます。今回、天気予報に連動したCM運用の効果をアプリ「ウェザーニュース」のテレビCM放映によって実証できたため、本協業を開始し、当社が展開するWxTechTMサービスの一つとして、「天気連動型テレビCM」の提供サポートに至りました。

<CMパターン>

お天気キャスター編(朝・夜)
エリア別編

<訴求軸>

※エリア別編では使用せず

◆天気連動型テレビCMの概要

 天気連動型テレビCMでは、ウェザーニューズが提供する高精度な天気予報データを元に、放映エリアと時間の天気に合わせたクリエイティブを選択し、最適な放映を行うことが可能です。さらに、天気に合わせたクリエイティブの放映後に、テレビCM効果測定ツール「ノバセルアナリティクス」を活用して即時の効果測定を行うことで、効果検証を回しながら広告効果の最適化を実現します。天気によって変化する人の消費購買行動を、テレビCMによって更に後押しすることで、企業の新たなマーケティング活動を支援します。


▼ノバセルについて
 「ノバセル」は、ラクスル独自の広告手法とクラウド型 テレビCM効果測定ツール「ノバセルアナリティクス」の活用により“運用型のテレビCM”を提供しています。企画・制作・放映・分析まで一気通貫して行い、 「ノバセルアナリティクス」を活用することで、従来、難しいとされていたテレビCMの広告効果測定を可能にし、広告投資の最適化を通して、企業の成長を実現しています。デジタルマーケティング領域、クリエイティブ領域、ファイナンス領域におけるパートナー提携等を通じて、企業の事業成長を最大限に伸ばすサポートを今後も行なってまいります。

▼WxTechTMサービスについて
 WxTechTM(ウェザーテック)サービスは、ビジネス課題や社会課題解決を目指した企業や自治体のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進を気象データの切り口から支援するサービスです。ビジネス分析・予測に活用可能な高解像度/高精度な気象データAPIを備え、サービスサイトではお手持ちのデータと気象データとの相関分析を無料でお試しいただけます。
 ウェザーニューズ独自の高精度/高解像度な気象データと、2,500社にも及ぶお客様へのサービス導入のノウハウを活かし、業務の最適化や効率化、ビジネスリスク/ロスの低減など、持続可能なビジネスの実現だけでなく、利益の最大化や新たなビジネスチャンスの創出、マーケティング戦略の支援など、攻めのビジネスの実現をサポートします。

WxTechTMサービスサイト:https://wxtech.weathernews.com/

※WxTechTMサービスに関する発表資料はこちら
・ビジネス分析・予測に活用可能な高解像度/高精度な気象データAPIを提供
https://jp.weathernews.com/news/31453/
・ビジネス分析に活用可能な1kmメッシュ過去天気データAPIの提供を開始
https://jp.weathernews.com/news/31456/
・1kmメッシュで広告を出し分け!アプリ「ウェザーニュース」で“天気連動広告”を開始
https://jp.weathernews.com/news/31885/
・1kmメッシュの高解像度な体感予報APIの提供を開始
https://jp.weathernews.com/news/31938/

本ニュースをプリントアウトしてご覧になりたい方はこちら